狭小住宅.com 小さな住まいで豊かに暮らす
 限られた空間を広〜く使うための工夫がいっぱい! 狭小住宅.comについて  サイトマップ  問い合わせ  ホーム
空間に広がり感を!
  3階建て
  屋上・バルコニー
  ビルトインガレージ
  地下室
  収納
  ロフト
  キッチン

狭小住宅.com > Q&A

Q&A

木造3階建ては耐震性に不安があるのでは?
集成材はシックハウスの原因になるのでは?
バリアフリーへの対応は?
断熱の方法は?
木造の狭小3階建て住宅に車2台分のビルトインガレージがほしい。
ルーフバルコニーに芝を貼りたいが、木造だと防水が心配・・・。

木造3階建ては耐震性に不安があるのでは?

狭小住宅.com/株式会社ビルド・ワークスでは、各物件ごとに地質を調査し、建物の綿密な構造計算を実施します。その結果をうけ、建物の地耐力を高められる最適な耐震基礎を選択します。強固な耐震基礎に、柱脚用の金物で高強度集成材の柱を強力に結合する、木造最強性能といわれるSE構法によって、耐震性を高めています。

集成材はシックハウスの原因になるのでは?

狭小住宅.comがおすすめするSE構法で使用する集成材は、ホルムアルデヒド量の測定でJAS規格F1(もっとも厳しい)の半分以下という、はるかに安全な数値を出しています。室内換気を十分に行える設計を施すことや、内装材に珪藻土など天然材の調湿機能のある素材を使用することによって、より高い安全性が確保できると考えられます。

バリアフリーへの対応は?

床の段差をなくす、階段の傾斜をゆるめにする、滑りにくい床材を採用する・・・など、設計・施工段階で、安全性と快適性への十分な配慮が可能です。

断熱の方法は?

狭小住宅.comでは、将来的な間取り変更の容易さという点で、内断熱工法をおすすめしています。外断熱工法では、ちょっとした間取り変更の際にも、大規模な工事が必要になる場合があるためです。
おすすめしている断熱工法は、国内で唯一、次世代省エネ基準の認定や防湿層を不要とする認定を取得している「デコスドライ工法」。次世代省エネ基準をクリアする高い経済性に加え、結露、防湿、防火、気密、防音などに対しても、優れた対応性能を持っています。

木造の狭小3階建てに車2台分のビルトインガレージがほしい。

十分な構造強度によって、大開口と仕切りのない1フロア1空間を作れるSE構法なら、敷地形状とご希望によって縦列型・並列型のビルトインガレージを選択することも可能です。さらに、3台駐車プランも不可能ではありません。

ルーフバルコニーに芝を貼りたいが、木造だと防水が心配・・・。

確実な防水処理を施すことにより、木造でも屋上庭園が作れます。諸強度に優れるFRP防水と柔軟なウレタン塗膜防水を複合したニ重防水(ダブルシームレス)仕様の「ポリルーフPP工法」をおすすめしています。
↑ページトップ
| 空間に広がり感を! | 開放感と快適性 | 自由に設計できる? | 安全と安らぎ |
|
快適な狭小住宅への鉄則 | 間取り例 | Q&A | 家づくりの手順 | 施工例 | 住宅リフォーム | 家づくりブログ | 見学会案内 |
|
狭小住宅.comについて | サイトマップ | 問い合わせ |

狭小住宅.com/狭小住宅.com事務局
E-mail
kyosho@buildworks.co.jp
工務店の注文住宅。京都 ビルド・ワークス

京都市左京区下鴨西林町28-2