狭小住宅.com 小さな住まいで豊かに暮らす
 限られた空間を広〜く使うための工夫がいっぱい! 狭小住宅.comについて  サイトマップ  問い合わせ  ホーム
空間に広がり感を!
  3階建て
  屋上・バルコニー
  ビルトインガレージ
  地下室
  収納
  ロフト
  キッチン

狭小住宅.com > 安全と安らぎ > 住宅性能表示

住宅性能表示が可能か?


品確法(住宅の品質確保の促進に関する法律)の住宅性能表示制度では、住宅の価値を次の9つの区分「構造の安定」「火災時の安全」「劣化の軽減」「維持管理への配慮」「温熱環境」「空気環境」「光・視環境」「音環境」「高齢者等への配慮」で数値化し、高い点数ほど住宅の質が高いとしています。

これらは一般的価値あるいは不動産的価値に過ぎず、これだけで快適な住まいかどうかの評価はできませんが、第3者機関が設計・施工を評価ことによって安心感を与え、設計・施工上のトラブルを防止するという点では有効です。

住宅性能評価機関への性能評価申請手数料は延床面積100平米以下の場合十数万円程度。この金額でワンランク上の安心が買えると思えば、利用して損はないのでは?

瑕疵担保保証制度

新築住宅の基本構造部分を完成引き渡し後10年間工務店が保証する義務

●構造耐力上主要な部分
A 基礎 F 斜材
B G 床板
C H 屋根板
D 小屋組 I 横架材
E 土台
●雨水の浸入を防止する部分
J 屋根 L 開口部
K 外壁

■住宅性能表示制度

事前に住宅性能を比較検討しやすくする「共通のものさし」9項目を制定し、第3者機関が確認

1 構造の安定
2 火災時の安全
3 劣化の軽減
4 維持管理への配慮
5 温熱環境
6 空気環境
7 光・視環境
8 音環境
9 高齢者等への配慮
プライバシー← →性能保証
↑ページトップ
| 空間に広がり感を! | 開放感と快適性 | 自由に設計できる? | 安全と安らぎ |
|
快適な狭小住宅への鉄則 | 間取り例 | Q&A | 家づくりの手順 | 施工例 | 住宅リフォーム | 家づくりブログ | 見学会案内 |
|
狭小住宅.comについて | サイトマップ | 問い合わせ |

狭小住宅.com/狭小住宅.com事務局
E-mail
kyosho@buildworks.co.jp
工務店の注文住宅。京都 ビルド・ワークス

京都市左京区下鴨西林町28-2