● ビルド・ワークスの住宅リフォーム提案サイト「住宅リフォーム.com(jutaku-reform.com)

狭小住宅.com 小さな住まいで豊かに暮らす
 限られた空間を広〜く使うための工夫がいっぱい! 狭小住宅.comについて  サイトマップ  問い合わせ 
空間に広がり感を!
  3階建て
  屋上・バルコニー
  ビルトインガレージ
  地下室
  収納
  ロフト
  キッチン

狭小住宅施工例

吹き抜けリビングとヒミツ基地の家(大阪府枚方市)
吹き抜けLDKとヒミツ基地の家(大阪府枚方市)

スリットで階がつながる,土間のある家(京都市北区)
スリットで階がつながる,土間のある家(京都市北区)

白い家(京都市南区)
白いリビングの家(京都市南区)

3階建ての家(大阪市東淀川区)
3階建ての家(大阪市東淀川区)

2世帯&愛犬の家(大阪市住吉区)
2世帯&愛犬の家(大阪市住吉区)

大家族の奥深い家(京都市中京区)
大家族の奥深い家(京都市中京区)

ペットと暮らす家(京都市左京区)
ペットと暮らす家(京都市左京区)

三角形の家(京都市左京区)
三角形の家(京都市左京区)

空に開かれた家(京都市左京区)
空に開かれた家(京都市左京区)

中庭のある家(京都市左京区)
中庭のある家(京都市左京区)

ワンルームの家(京都市山科区)
ワンルームの家(京都市山科区)



カンタン登録で見学会情報が届く
見学会 情報メール登録
お名前
Eメール
見学会情報のご案内以外には使用しません。→個人情報の取り扱い

ワンルームの家(京都市山科区)

閉じられた空間は浴室・トイレのみ。
抜ける視線で広く見せるワンルームの狭小住宅。

倉庫住まいやロフト住まいに憧れる施主が主に設計・デザイン。約14坪の仕切りのない一室空間をパーテイションで区分けて使用。狭い家だが、室内の対角線を見渡せるため、視覚的な広がりを感じることができる。
1階はSOHOとLDKのパブリックスペースとし、2階には浴室やベッドなどを置きプライベートスペースとした。インナーバルコニーに面した吹き抜けで1階と2階を結び、通気性と採光性を向上させた。
夏期は室内に日光は入らないが、秋冬は吹き抜けを通して1階リビングスペースの奥にまで日差しが入り、設計段階で思っていたよりかなり快適。傾斜地に立地し、室内に間仕切りがないため、風通しと眺望はサイコー! 小さくたって開放感バツグン! 
(このページの文責は施主)


間仕切りなしの1フロア1ルーム。仕上げを極力省き、梁や構造用合板むき出しの、かなりスケルトンな状態。電気配線も露出。1階の天井=2階の床の裏。


パーテイション家具でくつろぎゾーン(左)とSOHOゾーン(右)を区分け。1階部分のみならず2階も含めて、音も光も筒抜けですが、今のところ仕事や生活には差し障りありません。


玄関(左)とSOHOゾーン(右)。玄関の靴棚はセルフで設置。とにかく「閉じられた場所を作らずに風通しよくしたい」というのが基本です。SOHOスペースは2帖ちょっとの広さ。玄関正面なので、「受付」みたいな場所です。仕事関係の書類が並んでるように見えますが、半分は雑誌やCD、DVDなど、遊び関係のものを収納。


LDKゾーン。朝は写真手前部分にある窓から奥の階段まで日光が入るので、食品の置き場所や日よけに工夫が必要。ダイニングテーブルは置かず、ソファ手前の赤いちゃぶ台でご飯を食べています。


風通し最優先のフレームキッチン。業務用も雰囲気は好きですが、掃除しやすさを考えて松下のアイデコに。魚好きなんですが、あえて魚焼きグリルなしのコンロにして、魚焼き器を別に置いて使っています。汚れたら気軽に買い替えやすいように・・・。


テレビの上にフィギュア棚をセルフでつけました。水平、直角出すのが、シロートには大変。材料選んで、切って、付けて、丸1日仕事でした。バックが鏡面だったらカッコいいのに〜。
左端に見えるようなギターフックを付けたりとか、電気配線の位置を変えたりとか、コンパネ仕上げの壁は気兼ねなく遊べていいです。


引き渡し時の1階。家屋調査の役人さんが、梁の太さと多さに、しきりに感心していました。さすがSE構法!


階段もオープンタイプ。下と上の各1、2段分の手すりが無かったら使いやすいのに・・・。そこまで考えが及びませんでした。(こういう配置で階段をつける予定の方は、ご参考ください。)
トイレは壁面もPタイル。洋風なような、和風なような、ちょっと面白い感じに。


2階は上り天井で、高さがある1室空間。露出配線や火打梁、蛍光灯などが倉庫っぽさを演出してます。現在はメタルラックに衣類が仕分けられ、まさに服屋の倉庫みたいな状態になっています。
天井近くにある小窓は対角に設置されており、夏場の通風に効果絶大。夏場の電気代は前の家の半分近くにまで減りました。


2階の家事ゾーン。窓から見える天智天皇陵から逢阪山にかけての山並みがなごみます。春には琵琶湖疎水の桜並木が遠くに見えます。山科というだけあって、けっこう山国で、京都の町中とは気候も微妙にちがう・・・。

バルコニーをインナーにした、シンプルな外観。直方体に近い片流れ屋根+丸波シルバーガルバリウム外壁という、より倉庫っぽい外観が当初の希望だったが、風致地区のため断念。1階の庇も風致地区必須アイテムのため、しぶしぶ追加。
規制しても意味の無い地域に規制をかけるのではなく、京都らしい街並を残すべき地域にもっと力入れたらいいのに、と思う日々でした。ビルドワークスの担当のOさんには役所に何回も何回も足を運んでいただいて感謝してます。



■ 敷地面積 167.12m2(50.55坪)
■ 建築面積 47.38m2(14.33坪)
■ 延べ面積 85.85m2(25.96坪)


カンタン登録で見学会情報が届く
→見学会 情報メール登録
↑ページトップ
| 空間に広がり感を! | 開放感と快適性 | 自由に設計できる? | 安全と安らぎ |
|
快適な狭小住宅への鉄則 | 間取り例 | Q&A | 家づくりの手順 | 施工例 | 住宅リフォーム | 家づくりブログ | 見学会案内 |
|
狭小住宅.comについて | サイトマップ | 問い合わせ |

狭小住宅.com
E-mail
kyosho@buildworks.co.jp
運営/工務店の注文住宅。京都 ビルド・ワークス
京都市左京区下鴨西林町28-2